つくるの楽しいなぁ!

2020.12.18 Fri

【大芝園】

今日は、本来ならお餅つき会を行う予定でしたが、

最近の世情を鑑みて予定を変更し、

紙粘土製作をして日本の伝統に触れました。

 

学年ごとに作る物を変え、

年長はダルマ・年中はお節料理・年少は鏡餅を作ることに。

年中ひかり組と年少にじ組は、エプロンを着用し、

食べ物を作る雰囲気を味わいながら製作しました。

 

   

 

にじ組は、一人ひとりが紙粘土を鏡餅の形になるように

こねて、こねて、こねていきます。

上に飾る橙も同様に

こねて、こねて、こねます。

最後に合体させると・・・・・

 

 

 

立派な鏡餅の完成!

しっかりこねた成果が出ていますね!

 

 

   

 

そして、ひかり組は4つのグループに分かれて

グループごとにお節料理を作ります。

お節の写真を見ながらどの具を作ろうかグループで話し合い、

作り進めます。

 

   

 

ちぎって丸めるだけでなく、型抜きや紙粘土同士を混ぜ合わせ

混色して形を作っていきます。

彩りも美しい豪華なお節が完成!

 

 

最後につばさ組のダルマ製作です。

さすがはつばさ組。

作り方の説明を聞くと、

あとは自分でどんどんと製作を進めていきます。

 

   

 

重心がとれるように微調整をしながら

形を整えていきます。

お店で売っているような見事なダルマが完成!

 

紙粘土という3クラス共通の素材を使用し、

全く違う製作物が出来上がりました。

出来上がった作品はクラスなどに展示する予定ですので、

ぜひご覧下さい!